不妊治療連絡カード

不妊治療連絡カード

不妊治療を受ける労働者の方が、主治医等から診療に基づき治療や検査に必要な配慮事項について、企業の人事労務担当者に的確に伝達するためのカードで、厚生労働省において作成し、活用をお勧めしているものです。任意の様式ですが、主治医等が記載する証明書となるものです。必要に応じて、活用してください。

flower

利用の際のポイント

  • 主治医にご自身の勤務日・勤務時間、業務の繁閑等を伝えた上で、治療に必要な「実施(予定)時期」「配慮が必要な事項」等を記載してもらうようにしてください。
  • 不妊治療と仕事との両立を図る上での課題・希望(勤務時間の配慮、休暇、出張の可否など)も人事労務担当者に伝えることが重要です。
  • ご自身が不妊治療を受けること、または受けようとしていることを、企業の中で上司、人事労務部等、どの部署の誰まで伝達してよいか、人事労務担当者に伝え、その範囲以上に話が広がることがないよう、人事労務担当者と認識を共有しておくことも重要です。

最終更新日:2022.4.7

記事一覧

企業向け

【働き方改革】
【SDGs】
【妊娠・出産・育児】
【助成金】
【女性活躍推進】
【介護】
【治療との両立】
【ダブルケア】
【テレワーク】
【法律】
【事例集】

個人向け

【妊娠・出産・育児】
【介護】
【治療との両立】
【ダブルケアカフェ】
椅子