カマンベールチーズの摂取が認知症予防の可能性を示唆

バランスの良い食事!適度な運動!良質の睡眠!

これまでも動物による研究では、白カビ発酵チーズ(以下、「カマンベールチーズ」)が認知症予防の効果を示す可能性が示唆されていましたが、人での実証検証はなされていませんでした。

 なんと!世界で初めて、カマンベールチーズの摂取が記憶・学習などの認知機能との関連が報告されているBDNF(脳由来神経栄養因子)を上昇させることを、東京都健康長寿医療センターなどの研究グループにより、人を介しての研究で確認されたということなのです。これは、カマンベールチーズの摂取により認知機能の低下抑制、あるいは認知症予防につながる可能性を示唆するものだそうです。

 「コロナフレイル」という言葉も聞かれるようになりました。3食の食事をバランスよく、適度な運動、そして質の良い睡眠をとり、人生100年時代、心も体も健康に過ごしたいですね。    

出所:東京都健康長寿医療センター プレスリリース・研究結果

カマンベールチーズのチーズケーキ

カマンベールのチーズケーキ@カオリーヌ菓子店

最終更新日:2021.1.7

記事一覧

企業向け

【働き方改革】
【SDGs】
【妊娠・出産・育児】
【助成金】
【女性活躍推進】
【介護】
【治療との両立】
【ダブルケア】
【テレワーク】
【法律】
【事例集】

個人向け

【妊娠・出産・育児】
【治療との両立】
【介護】
椅子