治療と仕事の両立支援のための助成金

応援!治療と仕事の両立

助成制度

社員が、がんなどの病気になってしまったときに、無理なく働き続けてもらうためにはどうすればよいのでしょうか?そんなときは、がん等の病気を抱える労働者の病状や治療内容などに応じた、治療と仕事の両立を支援するために制度を導入する事業主を支援する助成金があります。

障害者雇用安定助成金

「障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース」があります。
この助成金により、企業の労働者の雇用維持を支援してくれます。

【支給額】事業主あたり 10万円

措置の例

治療と仕事の支援とは

治療と仕事の両立支援とは、反復・継続して治療を行う必要がある傷病を負った労働者、または障害のある労働者の治療を仕事の両立を支援するために、企業が一定の就業上の措置を行うことをいいます。

休暇制度
  • 時間単位の年次有給休暇
  • 傷病休暇・病気休暇 など
    (取得条件や取得中の処遇(賃金の支払いの有無等)は問わない)
勤務制度
  • フレックスタイム制度
  • 時差出勤制度
  • 短時間勤務制度
  • 在宅勤務(テレワーク)
  • 試し出勤制度 など

問い合わせ先・申請先

都道府県労働局職業安定部またはハローワーク
※助成金の支給には、様々な要件があります。必ず詳細を確認してください。

病院

更新日:2017年12月20日

記事一覧

企業向け

【働き方改革】
【SDGs】
【妊娠・出産・育児】
【助成金】
【女性活躍推進】
【介護】
【治療との両立】
【ダブルケア】
【テレワーク】
【法律】
【事例集】

個人向け

【妊娠・出産・育児】
【治療との両立】
【介護】
椅子